お問い合わせ
ブログ|しまなみへは自転車で行こう

JP / EN

 

Namikata

瀬戸内の小さな港町、波方

 

 

しまなみ海道の玄関口、高縄半島にある小さな港町・波方。
古くから海運・造船業が栄え、そこに暮らす人々の生活には船が大きく関わってきました。

 

 

1963年には波方港と広島県竹原港を結ぶ「中四国フェリー」が運航を開始。1996年には自動車利用台数が22万台に達する大人気航路となり、四国の入り口としての役割を担ってきました。当時の賑わいはまさに地元の誇り。しかし「しまなみ海道」開通に伴ってフェリーの利用者が激減。高速道路の値下げや原油高騰の影響を受け、2009年に旅客航路の廃止を決定。涙の終航を迎えます。

 

「なみトみなと」はこの伝統ある「中四国フェリー港湾事務所」をゲストハウスとしてリノベーション。地元食材を使ったカフェ&バー「シクロカフェ」や海事の歴史を伝える資料館を併設した「しまなみ海道」の新たな賑わい拠点づくりがスタートしました。

 

今や世界的なサイクリングロードとなった「瀬戸内しまなみ海道」と今治~松山・道後温泉「はまかぜ海道」をつなぐ拠点としての立地。大角鼻、七五三ヶ浦、鴨池海岸といった朝日や夕日の名所、瀬戸内海の穏やかな海と島々の風景を堪能する快走ルートの数々。高縄半島・波方は、まだまだ地元のサイクリストぐらいにしか知られていないような魅力がたっぷりと詰まった"とっておき"のエリアです。